音楽関係の記事をスピンアウトしました ← バブル世代ど真ん中

アーネル・ピネダ | ジャーニーのフィリピン人ボーカル大逆転人生

2008年からアメリカのロック・バンド ”ジャーニー / Journey” のリードボーカルを務めるアーネル・ピネダ / Arnel Pineda

彼はホームレス生活も余儀なくされる困窮生活を経て、YouTubeで発掘された「シンデレラボーイ」・・・ドラマのような出来事は映画化されました。(文中敬称略)

アーネル・ピネダの”シンデレラ・ストーリー”は映画になった

2008年に新たなリードボーカルを得て、人気復活を果たしたジャーニーのストーリーは2013年に映画化。

スティーヴ・ペリーから認められたアーネル・ピネダ

2017年4月、ジャーニーの「ロックの殿堂入り」セレモニー会場。

スティーヴ・ペリー(往年のジャーニー絶頂期のリードボーカル)と、現在のリードボーカルのアーネル・ピネダが初の対面を果たしました。二人のボーカリストは、お互い笑顔で、ハグをし記念写真を撮っています。

セレモニー壇上のスピーチでは、スティーヴ・ペリーがアーネル・ピネダの活躍を称える、感動的なシーンがありました。

ジャーニーはアーネル・ピネダをYouTubeで発掘した

ボーカルのスティーヴ・ペリーの2度めの脱退の後のボーカルは二人続けて途中離脱してしまい、ジャーニーは低迷を続けます。

ギタリストのニール・ショーンが根気強くボーカリストを探し続けていると、フィリピンのバンド(ザ・ズー /  Zoo)でジャーニーの曲を歌う「アーネル・ピネダ」をYouTubeで発見。

Zoology
Universal Music Philippines Inc.
¥1,530(2021/06/01 01:24時点)

下の動画は、YouTubeで見ることのできる「ジャーニーの曲を歌う(バンド”Zoo”の)アーネル・ピネダ」です。

Journey – Faithfully (ZOO)

ニール・ショーンはアーネル・ピネダへメールを送り、スカウトします。

アメリカでのオーディションを経て2008年、アーネル・ピネダはに正式にジャーニーの新しいリードボーカルとなったのでした。

Don’t Stop Believin’: Everyman’s Journey Official Trailer #1 (2013) – Documentary Movie HD

イミグレーションで歌声を披露して通過した

下の”People”という番組のインタビュー動画。

アーネル・ピネダが語る「アメリカへオーディションを受けに来たときのエピソード」が痛快です(0:42~)。

Meet Journey’s New Singer – Arnel Pineda | People

アーネル・ピネダはイミグレーションで入国審査官から聞かれます。

「ジャーニーのオーディションを受けに来たって?

「はいそうです。手紙もあります」

「オーディションを受けるって? よし、じゃあ “Wheel in the Sky”を知っているかい?」

アーネルが「もちろん知ってます!」と一節を歌いだしたところ、審査官は驚いた顔をして「OK、OK、納得した。行っていいよ!」とすんなり通してくれた、と。

13歳で家を出てホームレス生活も

アーネル・ピネダの家庭はとても貧しく、母親が病死すると13歳のアーネルは、父親の負担を軽くするために家を出ました。

公園で寝起きし、空き瓶や新聞の回収で食いつなぎ、やがてはお金のために歌い始めます。

His family was so poor that after his mom died when he was 13, he chose to live on the streets.

“My dad had other mouths to feed—I’d be a burden,” says Pineda. He slept in parks, collecting bottles and newspapers and eventually singing for money.

People-June 23, 2008 Meet Journey’s New Singer より引用

Wikipedia にはもっと詳しい困窮の状況が書かれています。

約2年間、路上生活少年となり、リサール公園や友人の家近くのベンチなどで寝て、リサイクル業者に、空き瓶、古新聞、くず金属などを集めて売って、わずかな収入を得る。

時には港湾地区で船舶の清掃をする、埋葬歌を歌うなどしたが、満足に食えず、2日間の食事がマリー・ビスケット少々だけの場合も。喉が渇いたら、ガソリンスタンドで油風味の水を飲むなどした。

アーネル・ピネダ Wikipedia より引用

スティーヴ・ペリー世代も認めるアーネル・ピネダ

私は絶頂期のスティーヴ・ペリー(大好き)世代です。ジャーニーの来日が続いた1982年前後には、ファンクラブにも入っていたほど傾倒していました。

しかし「アーネル・ピネダも素晴らしい」と私は思います。

世代交代したジャーニー(アーネル・ピネダがボーカル)のステージ動画を見てみましょう。

まずは2008年のチリでのコンサート。このころはまだ「スティーヴ・ペリー」の歌声を忠実に再現しようとしているようにも聞こえます。

DON’T STOP BELIEVING – JOURNEY CHILE CONCERT 2008

2010年あたり? この頃になると、歌声にアーネルの個性が強くなってきた印象。

Journey – Don’t Stop Believin’ – Live

困窮から這い上がったサクセスストーリーを知っているが故にアーネル・ピネダが歌う「Don’t Stop Believin’」には、心打つものがあります。


”Revelation”は、アーネル・ピネダが参加後にジャーニーが最初にリリースしたアルバム。

Revelation
Frontiers Records
¥2,400(2021/06/01 01:24時点)

タイトルとURLをコピーしました